緊急事態宣言/ステイホームの中でまずおうちでやるべきは断捨離だ

断捨離

やあ!初めまして。街ネズミ(@citynezumi)です。2回目の緊急事態宣言でお家にこもってる期間にブログを始めてみたのです。

なぜブログを始めるに至ったのか、街ネズミはどんな人(ネズミ)なのか、といった話はおいおい書いていきたいけど、まずは表題いきますね。

なぜ断捨離から始めるべきなのか?

3つ理由があります。

  1. 家の中で快適に過ごせるようにするため
  2. 自分にとって大事なものと大事ではないものを理解するため
  3. 他のことをやるスペースを確保するため

ちなみに街ネズミは都会の1Rの狭い部屋に住んでいるので、断捨離の効果は絶大でした笑

1つ目から説明しますね

片づけると家がすっきりするので快適にすごせるようになる

物が少なくなると、移動するにも作業するにも楽です!

街ネズミは生まれてこの方片づけるのが苦手で、断捨離する前は床に足の踏み場もない、モノがたくさん床に落ちている状態だったんですね。いわゆる汚部屋です…

今もまあ、床に多少ものは落ちているんですが、ものをまたいで生活する必要がなくなったのでだいぶ楽になりました笑

というかそもそも、在宅ワークしようにも机が埋もれていて使えない状況だったんですね。だから断捨離する前は自分の部屋は寝に帰るだけの場所でしたが、今では1日中いても苦じゃなくなりました。

自分にとって大事なものと大事じゃないものが理解できる。また、大事じゃないものを手放すことで、新たに大事なものを発見することもできる

これは大きなメリットだと思います!

部屋が汚い人の特徴って、そもそも物が多すぎる、物が捨てられないんですよね。

街ネズミも「これはまだ使えるしな。。。」「いつか使うかも。。。」「これはもらいものだし。。。」と思って捨てられないものばかりでした。そのころは6畳くらいの狭い部屋がモノでパンパンでした。引き出しの中とか、こんなもの持っていたんだ!?ってものも多くて笑

でも、同じもののストックが多いものだったり、着ていない服は捨てていったんですよ。

結局、6畳くらいの狭い部屋で45Lのごみ袋10袋くらい捨てたんじゃないでしょうか。

床に置いてあったモノなんかもだいぶなくなって物理的なスペースが空いたので、大物家具も動かして模様替えもできるようになって。

すっきりしたのでラグが敷けるようになったんですね。ラグを敷いたら狭い1Rがすごいお部屋らしくなったんです!あとディフューザーを買ったりして、不要なものを捨てることでお部屋で快適に過ごすためのアイテムも置く場所ができました笑

今まで考えてなかったけど、ラグとかディフューザーとかも大事だったんだなって笑

あとプロジェクターを買って部屋で映画を見るようになりました。これも壁まわりがすっきりして壁に投影できるようになったからです。ゴミゴミして落ち着かない部屋が憩いの空間に。

色んなことをするスペースができる

ごみごみした部屋からちゃんと床や部屋らしい空間ができたので、在宅ワークがちゃんとできるようになりました!笑

今では大きなモニターと良いキーボードも置いて快適な作業空間に。。。それまではカフェとか共用スペースみたいなところでノートPCで作業していたんですが、部屋で作業した方が圧倒的に作業効率が良くなりました。

あと、部屋で筋トレができるようになりました。マンションなのでぴょんぴょん飛び跳ねることはできないのですが。。。ちょっとした合間にスクワットとかするだけでも眠気も覚めるし健康にも良いし、部屋の空間ができるのは大きいです!

まとめ:まず断捨離しよう、それから自分の快適ライフを考えよう

よく手放すことで手に入る、みたいなことを言いますが、やってみると本当にそうだなと。

ミニマリストほどではないですが、片付けが苦手な自分でもある程度片づけられるようになったな~と思います。

見渡すとまあ、すごいきれいとは言えませんが昔と比べたら大きな進歩です。できないことができるようになる、ささいなことですが成長したなという実感が持てます。

生まれてからずっと苦手でいつもやらなきゃな、でもできない、と思ってたことが、コロナ禍で決心して取り組んだ結果できるようになりました。

どうやって断捨離に取り組んだのか、何を参考にしたのか?などはまた書いていきたいと思います。それではこのへんで~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました